2008:07:15:13:47:26 CPUの温度

これだけ暑くなってくるとPCの熱も気になる。

わたし自身はエアコンはできるだけ避けたい。
しかし、PCがうなり出すので、
午後からはしかたなくエアコンのお世話にならざるおえない。

我が家では、暑さでおかしくなるのは人間様だけではないようだ。

ここ2,3日、PCの温度をモニタしていると、
システムは55℃を超え、CPUは65℃を超えるときもある。

無理な使い方をしているわけでもないのに、
core2で65℃なんて絶対あり得ないと、
久しぶりにPCのファン絡みの大掃除に踏み切った。

外から見えるホコリを丁寧に取っていく。
ガワを開けて、内部のファンにこびりついたホコリも取る。
CPUファンとヒートシングを取り外してホコリを取る。

現在、PCの吸気口にフィルタをかましている。
以前はキッチンの油やらヤニやらでベトベトのホコリでどうしようもなかったが、
今は、指や綿棒、掃除機でスムーズに掃除ができる。
100均で買える換気扇やエアコン用のフィルタを切って使えばいい。
2か月に一度くらい交換すればいい。
これだけで数年使っているPC内部とは思えないくらいだ。

さて、これでPCを立ち上げてみた。
わざと負荷をかけてみたがかなり快適になった。
システムは48℃を割り、CPUも55℃を上回らなくなった。
ちなみに部屋の温度は33℃。
まさかこんなに効果があるとは思わなかった。
10℃下がればすごいぞ。
ファンも最高速度で回らなくなった。

(エアコンを使って、安定したときは、
システムは45℃、CPUは46℃と、理想的な状態に)

自己弁護のために申し上げるが、
1,2か月に一度フィルタを交換するくらい気を使ってはいるのだ。
過去にも熱には何度も悩まされてきたから。
そう特にグラフィックカードは何枚もおシャカにしてきた。
その教訓は生かしている。
まあ、部屋がそれだけホコリっぽいといわれればそれまでだが。

ダストブロアで見える部分だけなぞるのではなく、
ちょっと一手間でかなり快適になる。

どうも調子が今ひとつと思っていたが、
ここ数日の暑さにCPUが熱暴走していたことに気づいた。
わずかなエアフローを改善がけっこう効果がある。

これで、この夏は乗り越えられそうだ。

我が家は大丈夫だが、
なかにはゴキちゃんやらクモさんやらムシ君やらの住処と化した筐体もあるそうだ。
犬や猫などの動物を飼っていると内部は間違いなく毛だらけだ。
Windows XPを使いこんでいる諸兄が多いと思う。
vistaなんてまだまだ必要ないだろう。
夏休み、半日かけてPCのハードの大掃除と、
ファイルなどの不要なものの大掃除を勧めたい。

[パソコン1]| at 2008-07-14 12:45 (add:2008-07-15 13:47) | トラックバック (0) | | EDIT / SendTB
| 「CPUの温度」をはてなブックマークに登録 「CPUの温度」のはてなブックマークでの登録状況 | 「CPUの温度」を BlogPeople Tags に登録 | 「CPUの温度」を BlogPeople Instant Bookmark に登録 | 「CPUの温度」を MM/Memo に登録 「CPUの温度」の MM/Memo での登録状況 | 「CPUの温度」を del.icio.us に登録 「CPUの温度」の del.icio.us での登録状況 | 「CPUの温度」をECナビ人気ニュースに登録 「CPUの温度」のECナビ人気ニュースでの登録状況 | 「CPUの温度」をドリコムRSSにクリップ | 「CPUの温度」をニフティクリップに登録 | 「CPUの温度」をlivedoorクリップに登録 「CPUの温度」のlivedoorクリップでの登録状況 | Technorati で関連サイトを調査

この記事のURL

トラックバックのURL


この記事に対するトラックバック  (二重送信はチェック後修正しますので特に申告不要です。)

この記事に対するトラックバックはまだありません。


 
◆その他の最新記事

関連のCDや書籍、参考になるサイトです。

Amazonの関連グッズ
 
 
que sera sera RSS feed meter for http://mizumizu.jp/queserasera/  RSSリーダー:フレッシュリーダー 
My Yahoo!に追加  Add to Google   . technorati
View My Stats  freeRSS.net  XTRM blogoole 
Syndicate this site  rss1.0  rss2.0  atom0.3  atom1.0  google sitemap  MyRSS  QSS 
Copyright : [Articles] (C) 2004-2010 que sera sera All Rights Reserved.
[Comments/Trackbacks] ... Authors of those have rights.
Last Update:2010-07-22 02:12|Entries:1059|Comments:726|Trackbacks:170
Powered by "Movable Type"  3.33-ja  pukiwiki  moblog 
ブログランキング・にほんブログ村へ  ALPSLAB  flickr  quickr pickr  管理 

Top